MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}


「Nature For Life」

eLIGHTSはデジタル技術と通信技術を活用して台湾のスマート農業を実現します

自然にやさしい、無農薬使用ハイテク環境に目指す。
「農業、テクノロジー、人間」三者が共生できるように、デジタル技術を利用して地球に配慮する栽培環境を築き上げます。

自動化生産施設で有機農産物を生産する、健康で良質な食材を提供し、お客様に素晴らしい食生活を送ろうと考えています。

「Nature For Life」の信念に基づいて、環境と健康を思う栽培技術を研究開発し、人間のスマートライフスタイルのために努力しています。

本社開発。移動可能式なeFARMスマート栽培コンテナ

eLIGHTSは2017年5月に成立し、 デジタル技術を通して農産物の栽培を行います。本社が自力開発したeFARMスマート栽培コンテナは効率に栽培し、品質が一定に保つことができます。
 

eFARMスマート栽培コンテナのメリット

  1. 通信技術でリモート操作・監視できる管理システムにより、人件費などコストを抑えます。​
  2. 栽培環境制御システムで、作物の種類に応じてそれぞれの温度や湿度を設定することができます。
  3. 日光の代わりにLEDライトを使用し、天候の影響に左右されません。

 

 

eLIGHTS式菌床栽培プロセスとは 

eLIGHTS式菌床栽培プロセスは菌床の制作をはじめ、栽培と製品まで一連の作業をすべて専門栽培基地にて行います。 100%無汚染のクリーン環境下で植菌してからeFARMスマート栽培コンテナで発生させ、栽培し難しい珍稀茸でも最善な生産環境を提供します。

高栄養培地敷料

オガコを中心に、米ぬか、ふすまなど栄養物を撹拌して混ぜ合わせます。

高圧高温滅菌釜

高温で雑菌を殺し、敷料のpH指数を調整してから袋詰めをします。

透気性の良い呼吸式栽培袋

滅菌済のオーダーメイド呼吸穴付き栽培袋で、丁寧に敷料を詰めて培地を作ります。

徹底滅菌したクリーンルームと培養室
一晩を経て25度まで冷却し、雑菌の混ぜ込むのを防ぎクリーンルームにて植菌します。植菌した培地を培養室へ移動し、寝かせて菌掻き作業を行って、全体に回ると菌床が完成します。

リモート環境制御システム
菌床をeFARMスマート栽培コンテナで発生させます。eFARMの栽培環境制御システムを利用して温度湿度をコントロールことができて良い生長環境を保ちます。リモート操作・監視て生長様子と収穫時間が見込まれます。

珍稀茸シリーズは、eLIGHTSが開発したeFARMスマート栽培コンテナから育て上げました。
eLIGHTSは、地球環境への配慮に基づいてバイオ栽培技術を開発し、2018年10月に台湾の台中霧峰にて、世界初の珍稀茸専門栽培基地を設立されました。

デジタル技術と通信技術を導入した生産管理システムによる自動化生産施設で菌床を作ることによって、「eFARMスマート栽培コンテナ」が誕生しました。

IT化したクリーン環境下で生産するeLIGHTS珍稀茸シリーズバイリング茸、姫松茸など、味と食感にこだわった高品質で安全・安心な最上級食材をお客様にご提供します。